軽井沢の別荘建築ならお任せ下さい。

サイエンスホーム軽井沢店
  • お問合せ
  • ご来場予約はこちら
  • 展示場・イベント情報
  • 宿泊体験・お申込み方法

軽井沢の別荘建築【ポイントとFAQ】

軽井沢で家の別荘建築をお考えの方は、サイエンスホーム軽井沢店にお任せください。
我々がご提供する自慢の家は、「真壁づくり×オール国産ひのきの伝統工法」で別荘建築されており、グッドデザイン賞を2年連続で受賞したハイクオリティ住宅です。
地震に強固なハイブリッド工法、1年を通して快適に過ごせる外張り断熱を採用していて、「ナチュラル」「ウォルナット」「アンティーク」「オリジナル」4つのデザインテイストからお選びいただけます。
土地探しのお手伝いもさせていただいております。
当店では、住み心地を体験できる、1泊2日の無料体験を実施しております。
今後何十年もお住まいになる家を、どこの業者で建ててもらうか決定するのは、とても難しいことだと思います。

別荘建築 軽井沢

私たちはそんな施術様のお悩みを解決するため、事前に家の住み心地を体験してもらうのが一番だと考え、宿泊体験をしていただくことを考えました。
もちろん、キッチン、お風呂、トイレなど、生活に必要な設備を全て完備して、ベッド2台とお布団2組も用意しているので、家族全員でご予約ください。
家のことなら何でも無料でご相談に乗りますので、まずはお気軽にお問合せください。

01軽井沢の建築事務所がこだわる真壁づくりの家とは?

日本有数の別荘地として変らぬ人気を誇る軽井沢で、日本の伝統的な工法である"真壁づくり"を採用した住宅を建築している建築事務所があります。
真壁づくりとは、古くから日本の建築に用いられた壁のつくりで、柱や梁など、建物の軸組が見える伝統工法です。木の木目が見え、森の中に住んでいるような香りに包まれ、吹き抜けの状態により解放感ある空間が実現します。湿気の多い夏や冬の乾燥など、日本の風土に合わせて木が呼吸し、自然に温湿度を調整します。
古くから伝わる伝統工法が今もなお採用されるのは、季節を問わず一年を快適に過ごせるよう、理にかなっている創りだからでしょう。
そして、オール国産ひのきを用いた建築で室内は木のぬくもりとリラックス空間が広がります。裸足でも気持ちの良い無垢の床は足への負担を軽減させるため、お子様や年配の方にもぴったり。お子様が気持ちよく遊べ、高齢者の方も自宅内で歩みを重ねることで健康的に。
伝統工法と、機能や性能に現代工法を取り入れたハイブリッド構造の家は丈夫で、自然災害に強いことも大きな魅力です。地震の多い日本、強い台風が頻繁に上陸する近年において、住まいの耐震性・耐久性も備わった真壁づくりの家は、さらに需要が伸びることでしょう。

02軽井沢の真壁づくり建築とは?初めての方必見のお勧め伝統工法をご紹介

軽井沢は夏は涼しく、冬は寒い高冷地気候であり、年間の平均気温は9℃弱です。8月の平均気温は東京よりも5.5℃低いことからもその涼しさが分かるでしょう。そして、軽井沢ならではの特徴が"霧"であり、関東平野からの気流の影響で年間に100日以上も霧が発生します。
こうした霧下気候により、体感温度が一層涼しく感じられるようです。
軽井沢にマイホームを建築する場合、この軽井沢独特の気候にあった建築でなくては快適で長く住める家が実現出来ません。
軽井沢の建築事務所で国産ヒノキにこだわり、日本の伝統的な工法である「真壁づくり」による家の建築を行っている会社をご紹介します。
真壁づくりとは、柱や梁などが表面に見える工法で、"四季に合わせ木が呼吸する家"と表現されています。外張り断熱効果により、魔法瓶のように家の中の温度を一定に保つため結露を防ぎ、冷暖房費用も節約になるそうです。無垢を使用した建築ですが、内部健具も同じ無垢を使用することで統一感をもたらし、ワンランクアップのグレード感を出します。
伝統工法に現代工法を取り入れた最新の建築により、丈夫で強い"呼吸する家"を可能にしています。展示場があるため実際に見て頂くとその素敵さが実感できます。

軽井沢の真壁づくり建築とは?初めての方必見のお勧め伝統工法をご紹介

03軽井沢の別荘建築における3つのお悩み

都会の喧騒を避け、田舎暮らしを希望される方が増えています。都内へのアクセスも良く、別荘地として有名な軽井沢は、人気エリアとして移住人口が年々増加しているようです。
人生100年時代をどのように、どこで暮らすかを考えるようになり、仕事中心世代から子育て世代、定年後の生活共に「四季を感じられる自然体の暮らし」「物質的な豊かさより健康でシンプルな生活」を求める傾向にあります。軽井沢での住まいづくりでよせられるお悩みから、3つの点を挙げてみました。

1.別荘地なので土地代がどれだけ高いか心配

2.土地探しから施工までを一貫してお願いしたい(中間マージンを失くすため)

3.冬は寒い地域なので冬でも快適に暮らせる家を建てたい


軽井沢に移住をお考えの場合は、軽井沢の冬の寒さを考慮した家づくりが重要なポイントになります。土地、エリア選びが大切で、土地と建物の予算比率を見ながら検討する必要があります。東京の土地代と比較すると、かなり手頃であるため、軽井沢に家を建てることは夢に留まらないと言えるでしょう。
別荘地建築を手がける会社へ依頼することで、四季の変化が激しい軽井沢に適した家づくりが出来ます。
自然に溶け込む建築、安全で快適な暮らしの実現に、建築会社選びが大切なポイントとなるでしょう。

04別荘建築の種類とは?

軽井沢で別荘を探される際、どのようなタイプを希望されるかで物件選びが変わります。
別荘には3種類のタイプがあります。
中古の戸建て別荘 最も費用を抑えて購入しやすいのは中古物件です。手頃な値段で購入した中古物件をリフォームして自分好みにすることも可能です。軽井沢という土地柄により、木造物件が多いため物件の選定が大きなポイントに。構造に問題がないか建築士や住宅診断士へ相談するのが賢明です。
リゾートマンション セキュリティが完備された物件が多いため、ご自身による管理の手間がなく安心です。駅近や展望に優れた物件も多く、週末や休暇のみの利用からリモートワーカーにも人気です。
注文建築 間取りやデザインを含め完全にオリジナルでの設計・施工が可能です。ポイントになるのは土地探し、建築士、工務店選びなどになります。軽井沢の土地に根差し、四季の変化、土地の特徴を十分に理解し、かつ土地選びから施工までを自社で手掛ける建築会社に依頼することが注文建築を失敗しないポイントです。
木造建築は30年が寿命と言われてきましたが、霧の多い軽井沢で寿命の長い建物を実現する"真壁づくりの家"が注目されています。伝統工法に新しい工法を取り入れたハイブリッドな建築により、四季が快適に過ごせる別荘、住まいが完成します。

05真壁づくりによる別荘建築の対応エリア

真壁づくり×オール国産ひのきの伝統工法で別荘建築を行っている建設会社が長野県の軽井沢町にあります。軽井沢という独特の気候にあった生活に適した工法であり、温もりとリラックス空間に包まれた木の家は、理想を超え、夢の世界のような錯覚さえ覚える佇まいです。そんな魅力あふれるデザイン建築が評価され、グッドデザイン賞を2年連続で受賞した実績を持たれています。ハイクオリティなご提案でお客様の夢を実現し、人生を豊かにする住まい建築を目指す会社です。高冷地気候、霧下気候という軽井沢で一年を通し快適に生活できるよう外張り断熱を採用し、地震に強い強固なハイブリッド構造、それを可能にする最高級の素材を選び、洗練されたデザインが揃った安心・安全な家を可能にしました。
建築エリアを軽井沢に絞ることで、地域にふさわしい別荘建築を実現しています。
別荘として所有される方もいれば、移住地として他県から引っ越しされ、住居として暮らすために建築依頼される方もある注目の真壁づくり工法です。
都心より物価が安く、大自然の下でのびのび暮らせる軽井沢の暮らしを検討中の方は是非、真壁づくりの家の体験にこちらの会社の展示場を訪れてみてください。

06軽井沢の伝統工法による別荘建築にかかる費用の目安

日本の伝統的な工法である「真壁づくり」は、古くから日本の別荘建築に用いられてきた壁のつくりです。柱や梁などの建物の軸組が表面に見える伝統工法で、夏は湿気が多く、冬は乾燥する日本の風土に合わせ、木が呼吸し温度や湿度を調整してくれる特徴があります。
伝統工法に、機能や性能に優れた現代工法を取り入れたハイブリッドな構造の家を実現している建設会社が軽井沢にあります。実際に真壁づくりの家を体験頂くため、無料で宿泊体験ができるモデルハウスを建設しているこだわりです。一泊二日で丸一日をリアルに経験頂くことで真壁づくりの家をマイホームにしたいと思うご家族が多いそうです。
軽井沢は別荘地のため、マイホームの建築に莫大な費用がかかると思われる方が多いですが、実際には土地代は都心よりも安く、軽井沢内でも金額の差があります。

軽井沢の伝統工法による別荘建築にかかる費用の目安

70坪程の土地を購入され、真壁づくりの家の建築をされた方は1000万円台でマイホームを実現されています。構造体はもちろん、フローリングから階段、家具まで全て檜で統一したデザインで、大変満足されているとのこと。新築引き渡し後、10年間の無料定期点検サービスがある他、キッチンなどの主要設備を10年間サポートする設備機器保証もあります。
こうした充実のアフターサービスを設けている点も、東京からの移住者が増えている要因と言えるでしょう。

07軽井沢の別荘建築で「真壁づくりの家」が人気な3つのポイント

建物の建築はその土地の風土に合わせる工法を取り入れることで、長く安全に満足度の高い生活を送ることができます。夏は湿気が多く、冬は乾燥する日本独特の気候に適した伝統工法である「真壁づくり」は、古くから日本の別荘建築に用いられてきましたが、一般のお住いでも採用されるようになりました。
軽井沢でこの真壁づくりの家を手掛ける建築会社があり、軽井沢に移住を希望される方から注目を浴びています。この伝統工法を用いた家づくりが人気の3つのポイントを挙げてみましょう。

●無垢の素材
感触がよく、素足でも気持ち良く、足に負担の少ない無垢材の床はお子様や高齢の方にもお勧めです。柱や梁、そして建具も全て無垢材を使用することで雰囲気が統一され、住まいのグレード感を上げます。
天然塗料で豊富な木の色が選べるのも好評です。

●外張り断熱で快適な空間
魔法瓶のように家中の温度を一定に保つ構造で、結露を防ぎ、冷暖房費用も節約出来ます。

●丈夫なハイブリッド構造
伝統工法と機能や性能に優れた現代工法を取り入れた独自仕様の構造で、自然災害にも強いのが特徴です。
圧倒的な存在感を放つ昔ながらの大黒柱も人気の一つです。吹き抜けをつくることで高い天井が生まれ、居心地の良い解放感と自然の光が差し込む明るい室内を実現しています。

08伝統工法を用いた別荘建築を行っている軽井沢の会社と他社との違い

別荘地である軽井沢に根ざし、""別荘のような自宅""と称される別荘建築を行う建設・不動産会社があります。「真壁づくり」という日本の伝統的な建築工法を用いて、軽井沢の土地に適した機能性能に優れた現代工法を組み合わせたハイブリッドな構造が特徴です。
木が醸し出す温もりと陽の光が溢れる住まい、構造美をそのまま活かした高い天井とゆとりの空間が暮らしを豊かにしてくれます。
この別荘建築において2年連続でグッドデザイン賞を受賞されていることからも、他社とは違う総合的な評価の高さを表していると言えるでしょう。
住宅の建築に加え、家・暮らしを見守る補償も充実しています。

・住宅瑕疵担保責任保険(10年)
・設備機器補償(10年)
・地盤品質保証(10年)
・10年間無償定期点検サービス


家の完成がゴールではなく、住まわれるご家族との新しいお付き合いの始まりと考え、ご家族の暮らしをサポートしています。
お引き渡し後、6か月と1年目には外部審査機関による定期検査を実施。トラブルなどがないか点検を行い、その後2年目・5年目・10年目にも無償点検を実施して末永く安心と快適を見守っています。
魅力的な建築と補償の充実、アフターサービスが揃った、理想的なマイホーム建築となるでしょう。

09軽井沢の別荘建築を手掛ける建築会社への相談事例

別荘建築と聞くと、大きな豪邸で広大な庭やプールが完備されているようなイメージを持つ方が多いものですが、実際には、""別荘地の環境に応じた建築""と考えるのが適当です。
軽井沢は夏は涼しく、冬は厳しい寒さで知られるため、そのような土地に合わせた工法が別荘建築として用いられてきました。
軽井沢で「真壁づくり」という日本の伝統工法による家づくりをされている建築会社に、お客様からの相談事例をお伺いしました。
  • 軽井沢の別荘建築を手掛ける建築会社への相談事例

    東京からの移住で軽井沢に土地を購入されたN様から、建築のご相談を頂きました。生まれた時から病気がちなお子様の子育てを、都会ではなく静かで空気の良い環境に変えたかったことが東京を離れる決心となったそうです。
    軽井沢であればご主人の通勤にギリギリ範囲内でもあり、リモートワークの選択ができる職場であることも移住に拍車をかけたようです。また、当社の真壁づくりの家をお知り合いから耳にされ、展示場にも足を運んでくださったとのことでした。そこでご夫婦が一目ぼれして頂けたことで、具体的な施工についてお話をする機会を頂いたのです。当社が建築した真壁づくりのモデルハウスに無料で宿泊体験して住み心地を実感して頂くことが出来ますとお伝えすると早速、予約を頂きました。
    伝統的な工法と現代工法を取り入れた当社独自の構造、無垢素材の肌触りや香り、癒しを体感頂くことでマイホームへのイメージがリアルになると考えます。
    軽井沢で長く安心して暮らせるお住まいを全力でサポートさせて頂きます。

10軽井沢の別荘建築を行う建築会社によくある3つの質問

軽井沢で""別荘建築""を行う建設・不動産会社があります。
日本の風土、そして軽井沢ならではの四季の変化に対応する日本の伝統的な工法を受け継ぎ、快適で長く暮らせる家づくりを大切にしています。
棟梁が建てた昔の家は、空調がない時代にも対応できる理にかなった造りでした。当時の家のように柱が太く、天井が高い、木の造りである「真壁づくり」の素晴らしさは実際に暮らす人から人へと伝えられ、注目を浴びています。こちらの会社への問い合わせから、よくある3つの質問を挙げて頂きました。
質問
住宅は建売ですか?注文住宅ですか?
回答
弊社ではお客様のご要望を伺い、土地探しからプランニング、建築工事までをトータルで行う別荘建築を手掛けており、建売は販売しておりません。
質問
真壁づくりの家に憧れますが、莫大な建築費用がかかるのではないでしょうか?
回答
軽井沢は高級なイメージをお持ちの方が多いものですが、実際には、都心の方が土地代は随分高く、軽井沢の中でも評価額の差があります。ご予算に応じた土地探しを行ったことで、真壁づくりの家を1000万台で建てられた方もいらっしゃいます。
軽井沢でのマイホーム建築が手の届くものになっていますのでご検討ください。
質問
まだ建築を正式に依頼するか確定していませんが、宿泊体験は出来ますか?
回答
1泊2日の無料宿泊体験は、当店にご来店頂き、打ち合わせの後、プランを検討中のご夫婦とご家族が対象となっています。

11軽井沢で別荘建築を実現する建築事務所選びの注意点

POINT 別荘地として名の知れた軽井沢は、定年後の移住先として、そして子育て世代の移住先としても人気が高く、都心から移住されるご家族が増えています。
新天地で別荘や注文住宅を建設するためには、土地探しから含めると1年以上に及ぶ期間が必要と言われており、建築事務所選びが大きなポイントになります。
ここでは、軽井沢での別荘建築を実現する建築事務所選びの注意点をご説明しましょう。

●自社施工会社であるか
理想の家づくりを適正価格で実現するためには、土地探しからデザイン設計、施工工事までを自社施工している会社がベストです。その理由の一つは、中間マージンが発生しないことで建築費用を抑えられる点です。また、施工完了までの長い期間、コミュニケーションを密に取れる担当者、建築士でなくては不安です。
意思の疎通が取れることで信頼関係が築け、満足度の高い住まいが実現するでしょう。

●軽井沢での建設実績が豊富であるか
軽井沢の気候に合った建築を実現するためには同エリアでの建設実績・経験が豊富な建築事務所を選ぶのが賢いです。これまでに施工した別荘建築の写真を見せてもらい、ご自身の好みやこだわりと感覚的なものが合う会社を選ぶと話が進めやすいでしょう。

●提案力のある建築事務所であるか
ご自身の住宅への理想やイメージと予算を建築会社に伝え、どのような提案が行われるか試してみましょう。
そこで設計・デザイン能力や対応力を図ることができ、数社に試すことで最も相性の良い会社を絞り込めます。

12軽井沢の別荘建築における業界用語の解説

軽井沢は別荘地として知名度の高い場所ですが、都心から移住する家族も増えており、人口が増加しています。
その軽井沢で人気の高い「別荘建築」における業界用語の解説をしましょう。
●真壁工法
柱や梁を隠さずに見せる工法のことで神社や古民家などで見られる伝統的な和風建築のことです。柱や梁が直接空気に触れるため湿度調整に優れ、年間を通して温度や湿度を快適に保ちます。また、天井を高くとれるため解放感のある空間ができ、天然の木の香りを楽しむことも出来ます。
●外張り断熱
外張り断熱工法とは、木造住宅における外断熱工法のことです。住まいを柱の外側から全体を包むように断熱材を設置します。気密性が高く、屋内の温度を外へ逃がさないことで冷暖房の使用を抑えられ、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことが出来ます。
●地盤品質保証
地盤に発生したトラブルにより住宅に損害が生じた際の、建物や地盤の修復費用への保証制度のことを表します。
建築工事での手抜きやミスではなく、例えば、外壁や建物下部の基礎部分などに亀裂ができるケースが該当します。地盤保証の対象は住宅を購入した人もしくは、住宅を建築した会社であり、保証するのは保証会社や地盤業者です。

FAQ一覧

PageTop