管理者ブログ | 建築のことならサイエンスホーム軽井沢店へお問い合わせください。

サイエンスホーム軽井沢店
  • 展示場・イベント情報
  • 宿泊体験・お申込み方法
  • お問合せ

ビジネスブログ

2019年01月22日 [建築]

軽井沢で別荘を建築する際の注意点

日本一のリゾート地とも言われる軽井沢に、別荘を持つことを考えている方もいらっしゃると思いますが、新築にしようか中古にしようか迷われている方は多いでしょう。
中古の場合は、建物の状態や資産価値を専門家に確認してもらって、予算に合わせて物件をチョイスすればいいのですが、軽井沢で新築の別荘を手に入れる際には、いろいろ注意しなければいけないことがあります。
新築の場合は、土地を購入して建物を建てる場合と、建売物件を購入する二つの方法がありますが、軽井沢で新たに家を建てる場合は、一般的な住宅地とは異なる基準が設けられているケースが多いため、十分な注意が必要となります。
例えば、建物の色や屋根の形や高さなどに制限があり、特に建蔽率には気を付けなければいけません。敷地面積に対する建物の面積の割合を建蔽率と言いますが、防火と住環境の配慮から、軽井沢では一般的な数値よりも低く設定されているケースが多いため、どうしても大きな別荘を建てたい場合は、広い土地を購入する必要があり、その分総工費も高額になりがちです。
東京などに比べると地代は安いですが、建蔽率の関係でも建売住宅でもほとんどは5,000万円以上となり、1億円を超える物件もたくさんあります。
ただし、南軽井沢や追分エリアでは、5,000万円を下回る物件も多数あり、どのエリアにするのかも別荘選びの大きなポイントです。
軽井沢は避暑地として夏はとても過ごしやすいですが、冬には雪が多く降り、とても気温が低くなります。
そのため別荘を建築するには、基礎も含めて寒冷地仕様にする必要があり、真冬に建物を建てることにはデメリットもあります。
屋根にもたくさん雪が積もりますので、複雑な形状にするよりも、無落雪などシンプルなデザインにした方が、雪下ろしの手間も必要なくなります。
このように、雪が多い軽井沢では冬場のことも考えて家造りを行う必要があり、使用しない間の管理も重要となります。

理想の別荘が完成して大満足です!


大金を払って軽井沢で別荘を建てるのだから、後悔しないように展示場も回ってできるだけ多くの施工業者の情報を集めました。
当初は設計事務所でないと無理だと思っていましたが、理想の建物をラインナップしていたハウスメーカーが見つかり、宿泊体験までさせてもらうことができました。
いろいろ細かい要望を叶えてもらえて、先日別荘が完成して大満足です!


PageTop

Copyright(C) サイエンスホーム軽井沢店 All Right Reserved.